G20大阪サミット「配偶者プログラム(2日目昼食会)」にて『鮨を通じて日本文化を伝えるおもてなし』企画コーディネートを担当

NK1_1445

日本が初めて議長国を務めた「G20大阪サミット」の令和元年6月29日(2日目)に行われた配偶者プログラム昼食会において、松乃鮨4代目 SUSHIアンバサダー手塚良則が、総合プロデュース及び『鮨』を握りながら、日本文化と日本のおもてなしを伝えました。

image9

歴史ある大阪府庁舎の正庁の間を改装し鮨カウンターを作り、安倍総理夫人及び世界各国から来日された首脳・国際機関の配偶者の皆様に、日本の文化・鮨でおもてなしをさせていただきました。

「鮨カウンターは、日本文化の集約地」

鮨を通じて日本文化とおもてなしを感じていただくため、伝統工芸品である包丁やお皿を使い、樹齢300年以上の檜のまな板の上で、洗練された漁法で取れ日本特有の魚市場を通った魚が、職人の熟練の技で一貫の鮨になるため、日本食の一つである鮨から、日本文化の奥深い世界があることをゲストの皆様に感じていただけるように企画、コーディネートさせていただきました。
さらに、G20大阪配偶者プログラム同日のシンポジウムのテーマに沿う形で「持続可能性」「平和」「環境問題・海洋保全」などのキーワードを掲げ、「水無月」「七夕」などの季節感、一期一会の取合せを考慮し、大阪寿司や関西の魚や野菜を使うなど、今回のG20ならではのおもてなしを演出。

image8

約半年間に及ぶ鮨メニュー開発の結果、宗教・アレルギー・嗜好などゲストの皆様からのリクエストに沿う形で個別に何通りにも及ぶメニューを設計し、日本の食材の素晴らしさを表現するため、魚のみならず、野菜、お肉も厳選し、こだわりを持ってご用意させていただきました。

状況により、提供時間、席順などが当日スタート間際まで変更が予想されることから、その提供方法についても綿密にシミュレーションを繰り返し検討の上、調理・サービスオペレーションを設計しました。

image11
image10

海外でのガイド経験と、普段からハイエンドインバウンド業務で行っている国際感覚、ソムリエや食関係の資格を活かし、日本酒や日本ワインをはじめとするドリンクメニューを決定し、テーマに合わせたこだわりの器(漆芸蒔絵人間国宝 室瀬和美氏による漆器他)や小物を揃えテーブルをコーディネートし、空間を彩る花(京都・花政様)・花器(500年前の信楽焼の壺)・屏風などの室礼、カウンター・のれん・床面の装飾など空間を彩る要素全てにストーリーをもたせるべく丁寧に組み立てました。

image1
image2

昼食会の冒頭に、世界各国から来日された首脳・国際機関の配偶者の皆様にプレゼンテーションによって鮨文化を体感いただいた後に、お鮨をおまかせコースでご堪能いただきつつ、後半は本格的な鮨屋のカウンターでの体験と同様にお好みで自由にお鮨をお楽しみいただきました。

image4

国内で開催した史上最大規模の首脳会議「G20」に関連する企画でおもてなしの機会をいただけたこと、貴重な機会を大変光栄に思います。世界各国から来日された首脳・国際機関の配偶者の皆様に日本の食文化・鮨文化にご興味をお持ちいただき、カウンターで日本の食・鮨を囲み、豊かな時間をお過ごしいただくことができました。安倍総理夫人及び世界各国から来日された首脳・国際機関の配偶者の皆様、関係者の皆様に大変感謝いたします。

image3
image6

今後も「鮨を通じて日本文化とおもてなしを世界へ発信する」をミッションとし、日本文化・日本食文化の魅力を広く世界へ発信して参ります。また今回20カ国のお客様をおもてなしするため学びましたハラール、ベジタリアン、各宗教や国籍のお客様への対応を今後も活かし、企業の国際イベントや国家イベント、海外からのお客様を対象とする日本食文化の体験プログラム、またケータリング業務を活かし、世界中に鮨を通してのおもてなしをして参る所存です。

今後ともご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

G20大阪サミット 公式情報

手塚Yoshi プロフィール